ゴキブリ対策のおすすめの方法

ゴキブリ対策というのは、色々な方法があります。

 

ただ、色々な方法がありすぎて、どの方法を試せばいいのか迷ってしまうものです。

 

ゴキブリ対策の中で効果のあるおすすめの方法は、

 

ゴキブリ駆除剤を使ってゴキブリを駆除する

 

ことです。

 

ゴキブリというのは、殺して退治してしまわないとどんどん繁殖をして数を増やしていきます。

 

それを防ぐためには、アロマやハーブのように忌避剤を使ってゴキブリを遠ざけるようなゴキブリ対策はゴキブリの数を増やすだけなのでおすすめできません。

 

家の中のゴキブリの数を減らし、ゴキブリの繁殖を抑えるためには、毒餌のゴキブリ駆除剤を使ってゴキブリを退治してしまうことが一番おすすめのゴキブリ対策です。

 

ゴキブリ駆除剤はホームセンターに行けば色々な種類のゴキブリ駆除剤が販売されていますが、どれが効果の高いものかは判断しにくいです。

 

効果の高いおすすめのゴキブリ駆除剤は、ホームセンターなどでは市販されてなく、インターネットのネットショップでのみ販売されています。

 

ゴキブリ対策で何がおすすめか分からず悩んでいるようなら、ここで紹介しておくので一度使ってみてください。

 

かなり効果が高いので、ゴキブリの悩みから開放されると思いますよ。

 

⇒効果の高いゴキブリ駆除剤はこちら



 

 

ゴキブリ対策に熱湯は危険です

ゴキブリが出た時の対策として、熱湯をゴキブリにかけて退治してしまうという方法があります。

 

ネット上でもこの方法でゴキブリ退治をすることをすすめているサイトも見受けられますが、熱湯をかけてゴキブリを退治するやり方には、2つの問題点があります。

 

1つは、非常に危険だということです。

 

熱湯をゴキブリにかける場合、ゴキブリの真上からゴキブリにめがけて熱湯をかける形になります。

 

そうなると、足元からそう遠くない場所に熱湯が落ちてくるので、ゴキブリが少し自分側に動いてきた場合、間違って自分の足に熱湯をかけてしまいヤケドをする危険があります。

 

特に、ゴキブリが出た時というのは、いざでさえ女性は慌てていますので、熱湯をゴキブリにかけるのは非常に危険でおすすめができません。

 

もう1つの問題点、それがゴキブリを退治した後の後片付けです。

 

例えば、無事にゴキブリめがけて熱湯をかけれて、ゴキブリを退治できたとします。

 

でも、その後に熱湯で死んだずぶ濡れのゴキブリの死骸を片付けなければいけません。

 

そして忘れてはいけないのは、ゴキブリにかけた熱湯の後処理です。

 

そのあと雑巾でふき取るとしても、ゴキブリにかけた熱湯をふき取るのにも勇気もいるし、やはり衛生面を考えてみてもあまり良くはありません。

 

そういった理由から、ゴキブリ対策で熱湯を使うことはおすすめはしていません。

 

熱湯のように危険な方法ではなく、もっと安全で効果の高いゴキブリ対策を行うようにしましょう。

 

⇒効果の高いゴキブリ駆除剤はこちら



 

 

白いゴキブリの正体

ゴキブリの中には、白い色のゴキブリもいます。

 

白い色のゴキブリはどういうゴキブリかというと、脱皮してまだ数時間も経っていないゴキブリです。

 

つまり、そこから数時間経つと徐々に色が変わっていき、最終的に普段見かける黒い色のゴキブリへ変化をしていきます。

 

なので、特にアルビノだというわけではなく、脱皮直後の普通のゴキブリが「白いゴキブリ」の正体です。

 

気をつけておきたいのは、この白いゴキブリは「脱皮直後」のゴキブリだということです。

 

つまり、成虫のゴキブリへと成長している途中のゴキブリです。

 

そのまま放置してしまえば、そこから約10ヶ月ほどで普通のゴキブリへと成長していきます。

 

そして、ゴキブリは一度に20~30個の卵を産み、それがいっせいに孵化しています。

 

つまり、白いゴキブリがいたということは、それ以外に数十匹のゴキブリの子供が家の中に生息しているという現実があります。

 

白いゴキブリを見かけたら、その後ゴキブリの数が増えていくという悪夢が待ち受けています。

 

そうなる前に、しっかりとしたゴキブリ対策を施し、家の中にいるゴキブリを駆除しておくことをおすすめします。

 

⇒効果の高いゴキブリ駆除剤はこちら



 

 

 

冬に向けてのゴキブリ対策は必須です

ゴキブリというと、気温が高くなる夏場のイメージが強いですが、最近では冬場でもゴキブリは出ます。

 

 

一昔前は、ゴキブリは越冬出来ないから、冬場になるとすべて寒さで死んでしまうと言われていました。

 

しかし、最近の住宅は密閉性も高く、冬場でも家の中の気温が高いままの状態を保てるようになっています。

 

また、家電製品からずっと熱が放出されているため、家電製品の近くにいれば寒さをしのげます。

 

そういった理由から、ゴキブリは冬場になっても死滅することはなく、家の中で暖かい季節と同様、何の問題もなく生活を続けています。

 

なので、いくら気温が下がって冬になってきたといっても、それでゴキブリがいなくなるわけではないので家の中のゴキブリ対策はかなりしっかりやる必要があります。

 

しかも、雪国ではゴキブリは雪のせいで、ゴキブリが家の外に出て行くことはまずありません。

 

ずっと家の中にとどまり、産卵・繁殖を繰り返してしまいます。

 

だから、冬場だからこそ、家の中のゴキブリ対策が大切になってきます。

 

冬場のゴキブリ対策も、他の時期のゴキブリ対策と基本は同じです。

 

業務用に開発された効果の高いゴキブリ駆除剤を、ゴキブリの出そうなところを中心に多めにおくこと。

 

これが、家の中の基本的なゴキブリ対策になります。

 

この時に、市販の効果の薄いゴキブリ駆除剤を使用していると、それほど効果がなく冬の間ずっとゴキブリを見ることにあってしまいます。

 

ゴキブリ対策で重要なことは、

 

・効果の高い強力なゴキブリ駆除剤を使う

・使うゴキブリ駆除剤の数は多めに

 

この2点です。

 

冬の間に家の中のゴキブリ対策をしっかりと行って、春先からはゴキブリのいない環境を作っておきたいですね。

 

⇒効果の高いゴキブリ駆除剤はこちら



 

 

ゴキブリ対策にハッカ油を使う時の注意点

ゴキブリ対策として、ハッカ油を使う方法もあります。

 

 

ハッカ油は、文字通りハッカの油、つまり精油(アロマオイル)です。

 

このハッカ油の香りはゴキブリが嫌いな香りだと言われているので、ゴキブリの忌避剤として使用することがあります。

 

使う時は、霧吹きになるような容器に水を入れておいて、そこにハッカ油を数滴垂らして薄めた水をゴキブリが出そうなところへ撒くようにします。

 

そうすることで、ハッカ油の香りが嫌いなゴキブリは近づかなくなっていく、ということになります。

 

でも、この時に注意したいことが2つあります。

 

1つめは、水に薄めてもやはりアロマオイルなので、材質によってはシミになってしまうこともあります。

 

もし使用するのであれば、隅の方に少し使ってみて変色などがないか確かめてから使用するようにしましょう。

 

もう1点は、忌避剤として使用するので、ゴキブリ自体を退治する効果はないということです。

 

もちろん、使用した時は忌避剤として効果を発揮してくれるので、少しの間はゴキブリがその周辺に出なくなるという効果はあります。

 

しかし、ハッカ油の効果がなくなればまたすぐにゴキブリは出てくるし、ハッカ油の効果のない場所で産卵・繁殖をしている可能性があります。

 

そうなると、結局家の中からゴキブリがいなくなることはないので、ハッカ油は忌避剤としての効果はありますがあまりおすすめはしていません。

 

ハッカ油でゴキブリを遠ざけるよりも、業務用に開発された強力なゴキブリ駆除剤を使用して家の中のゴキブリを退治してしまう方が、早くゴキブリを見なくて済むようになります。

 

ゴキブリは、駆除剤で駆除してしまうのが基本です。

 

ハッカ油を使用するのもいいですが、しっかりとゴキブリを根本的に退治出来るゴキブリ対策を行うようにしましょう。

 

⇒効果の高いゴキブリ駆除剤はこちら



 

ゴキブリの幼虫に対してのゴキブリ対策

ゴキブリの幼虫は、暖かくなる春先から秋の終わり頃までと長い間家の中に現れます。

 

ゴキブリの幼虫は、ゴキブリが卵から出てきたばかりの状態です。

 

色は、脱皮直後なら赤い色、脱皮して少し時間が経っていると黒い色へと変化していきます。

 

このゴキブリの幼虫が出る状況というのは、実は家の中は非常に危険な状況です。

 

というのも、ゴキブリというのは、一度に約20個から30個もの卵を産みます。

 

そして、その卵は、ほぼ同じ時期に孵化してゴキブリの幼虫として出てきます。

 

つまり、家の中にゴキブリの幼虫が1匹出たということは、家の中にはそれ以外にまだ20匹~30匹の幼虫がいるということです。

 

しかも、そのゴキブリの幼虫たちは、大体1年ほどで大人のゴキブリへと成長をしていきます。

 

そして、また産卵・孵化を繰り返すので、家の中のゴキブリの数はものすごいペースで増えていくことになってしまうので、注意が必要です。

 

ゴキブリの幼虫が出た時の対処法ですが、あなたの前に現れたゴキブリの幼虫は新聞紙を丸めて叩いて退治をするか、ゴキブリスプレーなどでその場で退治をするようにしてください。

 

見逃してしまうと、そのゴキブリは警戒をしてあまり出てこなくなります。

 

そして、知らないところでどんどん成長をしていってしまいますから、とにかく出てきたゴキブリの幼虫はその場で退治することが鉄則です。

 

そして、まだ出てきていないゴキブリの幼虫に対しては、置くタイプのゴキブリ駆除剤を使いましょう。

 

置くタイプのゴキブリ駆除剤は、市販のゴキブリ駆除剤では効果が薄いので、業務用に開発された効果の高いゴキブリ駆除剤を使用します。

 

それを、ゴキブリの幼虫が出た場所、ゴキブリの幼虫が潜んでいそうな場所へ置いていきます。

 

この時に注意をしたいのは、「出来るだけ駆除剤の数は多めに置く」ということです。

 

ゴキブリ駆除剤の数が少ないと、やはりゴキブリ駆除の効果も低くなります。

 

ゴキブリの幼虫が1匹出たということは、それ以外に20匹から30匹は家の中にいるということ。

 

その現実を頭に入れて、20匹から30匹のゴキブリの幼虫と、そのゴキブリの幼虫を産んだ親ゴキブリをまとめて退治出来るだけの駆除剤の数を置くようにしてください。

 

ポイントは、

 

・強力な業務用に作られたゴキブリ駆除剤を使う

・置くゴキブリ駆除剤の数は多めに

 

この2点に気をつけて、ゴキブリ対策を行いましょう。

 

⇒効果の高いゴキブリ駆除剤はこちら



 

 

 

ゴキブリ対策でバルサンを使う

ゴキブリ対策の定番商品として使われているのは、「バルサン」です。

 

 

バルサンは、霧状になったゴキブリ駆除剤が部屋中に広がってゴキブリを駆除するタイプのゴキブリ駆除剤です。

 

たまに火災報知機が作動してしまうのではないか、と不安になる方もいますが、バルサンの霧は火災報知機には特に反応をしないので、その部分は安心して使用できます。

 

ただ、部屋の中すべてに霧状になったゴキブリ駆除剤が染み込んでいくので、それを気にする方は使いにくいかもしれません。

 

バルサンを使うと、部屋の中に霧状になったゴキブリ駆除剤が充満していきます。

 

だから、普段は手の届かないような奥まったところにいるゴキブリにも効果を発揮してくれるゴキブリ駆除剤です。

 

ですが、部屋の中にあるソファーや布団などの布類にもゴキブリ駆除剤が染み込んでしまいます。

 

そうなると、その部分を気にしてしまう方にはおすすめがしにくいゴキブリ駆除剤であるのも事実です。

 

そういうことをまったく気にしない方であれば、バルサンを使って部屋の中のゴキブリ対策を行うことをおすすめします。

 

ソファーやカーペットにもゴキブリ駆除剤がかかってしまうのが嫌だという方には、置くタイプのゴキブリ駆除剤をおすすめします。

 

置くタイプのゴキブリ駆除剤であれば、市販のものではなく、業務用に開発された効果の強いゴキブリ駆除剤を使用するようにしましょう。

 

⇒効果の高いゴキブリ駆除剤はこちら



 

 

 

ゴキブリの卵を見つけたら要注意!

ゴキブリの卵というのは、卵鞘という赤茶色のカプセルのようなものです。

 

ゴキブリの画像は気持ち悪いものなので、ここには載せないようにしておきます。

 

この卵鞘というカプセルの中に、ゴキブリの卵が20個~30個入っています。

 

ゴキブリの卵というのはとてもやっかいなもので、生きているゴキブリのように何か対策をするということが出来ません。

 

生きているゴキブリであれば、ゴキブリ駆除剤を置いたり、ゴキブリスプレーなどで退治することが可能です。

 

でも、ゴキブリの卵の場合は、スプレーをかけても死ぬわけでもなく、もちろんゴキブリ駆除剤を置いても食べるわけではないので、退治することが出来ません。

 

やれることは、ゴキブリの卵を見つけた場合は家の外に捨ててしまうことだけです。

 

そして、家の中の見えないところにあるゴキブリの卵に対しては、孵化するまでは何も出来ないのが実情です。

 

つまり、ゴキブリの卵の対策としては、孵化してからすぐの子供のうちに駆除してしまう方法を取ります。

 

これを何もゴキブリ対策をせずにおけば、孵化したゴキブリは1年ほどで成虫のゴキブリになり、そして産卵・繁殖を繰り返し始めます。

 

そうならないためにも、ゴキブリの卵が孵化してすぐに駆除出来る環境を整えてくことが、ゴキブリの卵へのゴキブリ対策になります。

 

やることは、他のページでも紹介している、基本のゴキブリ対策を徹底して行いましょう。

 

基本のゴキブリ対策とは、

 

効果の高いゴキブリ駆除剤をゴキブリが出るところに置く

 

ことです。

 

ゴキブリの卵は、こちらから見えるところにあることはごく稀です。

 

大体、他の生き物に発見されにくい場所、例えば、冷蔵庫の下やキッチンの奥、押入れの奥、などにあります。

 

ですから、そういった場所に強力なゴキブリ駆除剤を置いておくことで、確実に卵から孵化したばかりのゴキブリを退治することができます。

 

この時に使うゴキブリ駆除剤は、市販のものではなく、業務用に開発された強力なゴキブリ駆除剤を使います。

 

ゴキブリの卵は、ほっておけば孵化してどんどん家の中のゴキブリが増えていきます。

 

孵化したゴキブリをすぐ退治出来る環境を、ゴキブリ駆除剤を使って整えておくことが大切です。

 

⇒効果の高いゴキブリ駆除剤はこちら



 

小さいゴキブリの退治の方法

小さいゴキブリが出た時は、非常に危険な状態です。

 

 

小さいゴキブリというのは、主に2種類に分けられます。

 

色が黒か赤い時は、ゴキブリの子供。

 

色が茶色の時は、チャバネゴキブリという種類のゴキブリです。

 

ゴキブリの子供だった場合は、同じ時期に20~30匹のゴキブリが孵化しているので、これからよく見かけるクロゴキブリが家の中に増える前兆です。

 

そして、もし小さいゴキブリが茶色のチャバネゴキブリだった場合。

 

この場合、家の中のチャバネゴキブリは爆発的に増えていきます。

 

チャバネゴキブリの繁殖力はクロゴキブリよりも高く、そして繁殖のサイクルもクロゴキブリよりも短いです。

 

しかも、一度の産卵数は約50個と、クロゴキブリの倍近くの数の卵を産みます。

 

つまり、小さいゴキブリがチャバネゴキブリだった場合、そこからものすごいスピードで家の中のゴキブリが増えていくことを意味しています。

 

このチャバネゴキブリの危険なところは、小さいため家電製品の中に侵入していきます。

 

危険なのは、パソコンやノートパソコン。

 

この中にも侵入していけてしまう体の大きさです。

 

そして、一度パソコンの中にチャバネゴキブリが侵入してしまうと、駆除が非常に困難になります。

 

そうなる前に、家の中でのゴキブリ対策をしっかりと行い、小さいゴキブリの駆除を徹底して行いましょう。

 

駆除の方法は、通常のゴキブリ対策と同じで効果の高い強力なゴキブリ駆除剤をゴキブリの出るところに置く、という対策をします。

 

置く場所は、小さいゴキブリがよく出るところに置きますが、チャバネゴキブリは家の中に出る数・潜んでいる数がとても多いので、出来るだけ多く置くようにしてください。

 

それと、チャバネゴキブリは家の外から侵入してくるケースがかなり高いので、家の外にもゴキブリ駆除剤を置くようにします。

 

特に、近所に飲食店がある場合は、そこで発生した小さいゴキブリが移動してきているケースがあります。

 

そのゴキブリが家の中に侵入してくる前に退治してしまうことが、非常に重要になります。

 

この時に使うゴキブリ駆除剤は、市販のものではなく効果の高い業務用に開発されたゴキブリ駆除剤を使うようにしてください。

 

そうすることで、家の中にいる小さいゴキブリも、家の外から侵入してくる小さいゴキブリも、両方とも駆除してしまうことが可能になります。

 

⇒効果の高いゴキブリ駆除剤はこちら



 

ゴキブリの赤ちゃんの退治の仕方

ゴキブリの赤ちゃんが家の中に出た時は要注意です。

 

ゴキブリというのは、最初は家の外から家の中に侵入してきます。

 

これが、家の中にゴキブリが出る本当の一番最初です。

 

ですが、ゴキブリの赤ちゃんというのは運動能力が低いため、家の外から家の中に侵入してくることはありません。

 

つまり、ゴキブリの赤ちゃんが家の中で出たということは、家の中にいる親ゴキブリが卵を産んでそれが孵化したということになります。

 

この状況というのは、あまりよい状態とは言えません。

 

というのも、ゴキブリというのは、一度に20~30個の卵を産みます。

 

つまり、ゴキブリの赤ちゃんが1匹出たということは、同時に約20匹程度のゴキブリの赤ちゃんが産まれたことを意味します。

 

このゴキブリの赤ちゃんたちは同じように成長をしていき、約1年後には大人のゴキブリになって繁殖をし始めます。

 

この状況をそのままにしておけば、家の中のゴキブリの数が飛躍的に増えていってしまうことになるので、ゴキブリの赤ちゃんが出た時は、出来るだけ早くゴキブリ対策をするようにしてください。

 

ゴキブリの赤ちゃんが出た時のゴキブリ対策は、それほど難しくはありません。

 

効果の高いゴキブリ駆除剤を、ゴキブリの赤ちゃんが出たエリアに置く、これだけで大丈夫です。

 

ゴキブリの赤ちゃんはまだ行動力が高くはないので、ゴキブリの赤ちゃんを退治するだけならゴキブリの赤ちゃんが出たエリアにゴキブリ駆除剤を置くだけでも問題がありません。

 

でも、そのゴキブリの赤ちゃんを産んだ親ゴキブリの行動範囲はもっと広くなります。

 

家の中にいるゴキブリを根本から駆除するのであれば、ゴキブリの赤ちゃんが出たエリアだけでなく、ゴキブリが出そうな場所すべてにゴキブリ駆除剤を置くことで、ゴキブリを家の中から完全に駆除することが出来ます。

 

使うゴキブリ駆除剤は、市販のものではなく、業務用に開発された強力なゴキブリ駆除剤を使いましょう。

 

そうすることで、ゴキブリの赤ちゃんだけではなく、親ゴキブリもすべて駆除することが出来ます。

 

⇒効果の高いゴキブリ駆除剤はこちら