マンションのゴキブリ対策のポイント

マンションにお住まいの方は、一戸建ての家に住んでいる方に比べると、ゴキブリが出てくる機会が多いです。

 

この理由は2つあって、元々築年数が古いマンションの場合は、すでにマンション自体にゴキブリが住みついていることが多いです。

 

もう1つは、他の部屋にゴキブリが住みついていて、そこからゴキブリが移動してくることが原因で部屋の中にゴキブリが出るようになってしまいます。

 

つまり、自分の部屋が問題なのではなく、マンション自体、もしくは他の部屋が原因でゴキブリが出るようになることが多いということです。

 

マンションのゴキブリ対策ですが、部屋の中はもちろんですが、特にベランダを重点的に対策を行います。

 

ベランダは、他の部屋とつながっていますから、そこからゴキブリが自分の部屋のベランダに移動してきます。

 

そして、エアコンの室外機を通って部屋の中に侵入してきます。

 

つまり、ベランダのゴキブリ対策をしっかりとすれば、部屋の中にゴキブリが侵入してくるのをかなりの確率で防ぐことが出来ます。

 

方法はシンプルで、マンションのベランダにあるエアコンの室外機の近くに、強力なゴキブリ駆除剤を置いておきましょう。

 

そうすることで、ゴキブリが部屋に入ってくる前に置いてある駆除剤を食べるので、部屋に侵入する前に死んでしまいます。

 

その時に大切なのは、市販のゴキブリ駆除剤ではなく、ネットショップだけで販売している業務用に開発されたゴキブリ駆除剤を使うこと。

 

市販のゴキブリ駆除剤では効果が薄いので、マンションのベランダのゴキブリ対策にはとにかく強いゴキブリ駆除剤を使用するようにしましょう。

ゴキブリ対策に超音波は有効か?

ゴキブリ対策を超音波でやる方法もあります。

 

ゴキブリは超音波を嫌がるといわれていますので、ゴキブリ対策用の超音波装置も販売はされています。

 

 

ただ、どの程度効果があるのかというのは未知数なことと、超音波を出したとしても、ゴキブリ自体を根本から駆除することにはなりません。

 

そう考えると、ゴキブリ対策で超音波を使うことは、忌避剤として使うようなイメージで使用することがいいでしょう。

 

ただ、忌避剤であれば、アロマなどの方が安上がりになってきますので、ゴキブリ対策用で超音波の機会を使うべきかどうかは判断が難しいところです。

 

重要なことは、やはりゴキブリ駆除剤などを使用して、ゴキブリ自体を退治してしまわなければ家の中からゴキブリがいなくなることはありません。

 

そのあたりのことを考えて、超音波を使ったゴキブリ対策を行うようにしましょう。

 

 

ゴキブリ駆除の料金は意外に高い

ゴキブリを業者に頼んで駆除してもらうと、実は思っているよりも料金がかかることをご存知ですか?

 

料金は業者によっても違いますが、

 

・戸建てだと4万円~6万円程度

・マンションだと3万円程度

 

大体このくらいの料金設定になっているところが多いです。

 

戸建てとマンションの金額の違いは、ゴキブリ対策をする面積の違いだと思っていただければいいと思います。

 

どちらにしても、業者にお願いしてゴキブリ対策をしてもらうことで、かなりの料金が発生します。

 

業者にゴキブリ駆除をお願いする時の問題点は、駆除してもらった後です。

 

もちろん、業者にゴキブリ駆除をお願いすると、その時は家の中からゴキブリは見事にいなくなります。

 

しかし、少しすると、家の外からまたゴキブリが家の中に侵入してきて繁殖をするので、それほど効果が持続するものでもありません。

 

そう考えると、業者にお願いして高い料金でゴキブリ対策をしてもらうよりも、強力なゴキブリ駆除剤を家の中と外の両方に置くゴキブリ対策をする方が料金も安く持続性があります。

 

ゴキブリ対策で大切なことは、

 

・ゴキブリがいない家の中の環境を作る

・ゴキブリが侵入してこれない環境を作る

 

この2点につきます。

 

そのためのゴキブリ対策を家の内外に施すことがとても重要になります。

 

 

 

ゴキブリ対策で洗剤を使う方法もあります

ゴキブリ対策として、洗剤を使ってゴキブリを退治する方法もあります。

 

「洗剤」の画像検索結果

 

やり方は、ゴキブリが出たら洗剤をゴキブリにかけて退治するという方法。

 

これは、キッチンでゴキブリが出た時、近くに何もなく叩いて退治するのも嫌という場合に使える方法です。

 

普通のゴキブリ駆除剤に比べると効果は劣りますが、それでもゴキブリを退治することは可能です。

 

ただ1つ問題があります。

 

それは、洗剤でゴキブリを退治した場合、その後のゴキブリの処理が非常に苦痛だということです。

 

洗剤まみれで死んでいるゴキブリの死骸をどうやって処理するのか?

 

旦那様がいたとしても、お願いしてやってもらえるかというと、大きな疑問が残ります。

 

そう考えると、洗剤を使ったゴキブリ対策は効果はありますが、後処理のことを考えるとおすすめはしていません。

 

それであれば、ゴキブリスプレーなどを台所に置いておく方が無難です。

 

 

ゴキブリスプレーは、出てきてゴキブリに対しては最も即効性のあるゴキブリ対策ですので、ゴキブリがよく出るキッチン周りには1つ置いておきましょう。

 

ただ、これも一時しのぎ的なゴキブリ対策なので、家の中のゴキブリをしっかり退治するのであれば、置くタイプのゴキブリ用の殺虫剤を使用するのがベストです。

 

今は業務用に開発されたものが市販で販売されているので、そういう強力なゴキブリ駆除剤を使うのが駆除効果が高くておすすめです。

 

 

ゴキブリの侵入経路を知っておきましょう

ゴキブリには、家の中に侵入してくる侵入経路があります。

 

家の中にゴキブリが出ると、家の中でゴキブリが繁殖したと考えてしまいがちですが、最初は家の外からゴキブリは侵入してきます。

 

実は、ゴキブリが家の外から家の中に侵入してくる侵入経路というのは、かなりたくさんあります。

 

例えば、

 

・通風口

・換気扇

・エアコン

・お風呂の排水溝

・キッチン下

・玄関

・窓の隙間

 

このあたりがゴキブリの侵入経路としてはメジャーなところです。

 

特に、エアコンはかなり気をつけておきたいゴキブリの侵入経路です。

 

エアコンは、室外機が家の外に置いてあるので、そこからゴキブリがホースをつたって登ってきます。

 

そのままエアコンの中に住みついてしまったり、エアコンから家の中に侵入してきたりするので、エアコンのゴキブリ対策はしっかりとやっておく必要があります。

 

ゴキブリがどこから侵入してくるのか、その侵入経路が分かっていれば、事前にゴキブリ対策をしておくことが可能になります。

 

ゴキブリは、家の中での繁殖だけでなく、最初は家の外から家の中に侵入してくるということを分かっておいてください。

 

 

ゴキブリ対策でハーブを使う場合の注意点

ゴキブリ対策の一環として、ハーブを使う方法もあります。

 

 

ハーブといっても、ゴキブリ対策に使うハーブはアロマオイルのことです。

 

ハーブは、そのまま使っても香りが弱いため、ゴキブリには効果がありません。

 

なので、ハーブのエキスを凝縮させたアロマオイルを使用するようにします。

 

使うハーブは、デンタータラベンダー、ローズマリーなどのハーブのアロマオイルが効果が高いと実証されています。

 

逆に、スペアミントとローマンカモマイルのアロマオイルはゴキブリを引き寄せてしまう効果が高かったので、この2つは使用しないようにしてください。

 

アロマオイルを使う場合は、ゴキブリの通り道になりそうなところへアロマオイルを数滴垂らします。

 

そうすることで、ゴキブリがそこを通らなくなるのでゴキブリを見かけることが少なくなっていきます。

 

ただ、ここで1つ問題があります。

 

それは、アロマオイルは忌避剤としては使用できますが、根本的にゴキブリを退治できるものではないということです。

 

忌避剤というのは、ゴキブリが嫌がるにおいを出して近くい寄ってこれないようにするためにしようします。

 

つまり、ゴキブリを退治・駆除する目的で使っても効果はありません。

 

なので、ゴキブリ対策でアロマを使う場合は、必ず他のゴキブリを退治するためのゴキブリ駆除剤とセットで使用することが必要になります。

 

ゴキブリ駆除剤は、市販のものでは効果が弱いので、業務用に作られたものを使用するのがベストです。

 

ゴキブリ対策でハーブのアロマオイルを使用する場合は、必ずゴキブリ駆除剤とセットで対策をするようにしましょう。

 

 

 

 

エアコンのゴキブリ対策

ゴキブリというのは、エアコンの中にも住みつきます。

 

エアコンの中にゴキブリがいるというイメージがあまりない方も多いかもしれませんが、エアコンというのは実はゴキブリがよくいる場所の1つです。

 

なぜエアコンの中にゴキブリがいるのか?

 

それは、エアコンが家の中と外とを行き来するためのゴキブリの侵入経路だからです。

 

エアコンというのは、必ず家の外に室外機が置いてあります。

 

この室外機はホースのようなものでエアコンとつながっていますが、ゴキブリは室外機からこのホースを登っていってエアコンの中に侵入します。

 

そこから部屋にも入ってくるので、たまにエアコンからゴキブリが落ちてくるのはそのせいです。

 

ただ、近年はエアコンの中にいるゴキブリが原因で火災が起きたりしているので、エアコンのゴキブリ対策は必ずしておきたいところです。

 

では、エアコンのゴキブリ対策はどうしたらいいのか?

 

エアコンのゴキブリ対策は、エアコンの中に何かをするわけにはいきません。

 

ですので、ゴキブリが出入りをするエアコンの室外機のあたりにゴキブリ駆除剤を設置するようにします。

 

ゴキブリは、ずっとエアコンの中にいるわけではなく、食べ物を探すためにエアコンから室外機を通って外へ出て行きます。

 

だから、通り道になるエアコンの室外機の近くに強力なゴキブリ駆除剤を置くことで、エアコンの中にいるゴキブリを退治することが出来ます。

 

あとは、どういうゴキブリ駆除剤を使うかが重要になるのですが、ゴキブリ駆除効果の高いゴキブリ駆除剤があるので、それを使用するのがベストです。

 

エアコンの中のゴキブリで困っている方は、使ってみる価値はあります。