ゴキブリ対策は家の周りも重要です

ゴキブリ対策は家の中しかやらない方もいますが、実は家の周りのゴキブリ対策も非常に重要です。

 

そもそもゴキブリというのは、家の中で勝手に発生して出てくるものではありません。

 

家の中に出る最初の1匹は、必ず家の外から家の中に侵入をしてきます。

 

だから、家の周りのゴキブリ対策を行うことは、とても大事になります。

 

具体的にどういうことをすればいのか?

 

やることは、家の周りにも駆除効果の高いゴキブリ駆除剤を置くだけです。

 

ですが、置く場所が重要になります。

 

大事になるのは、エアコンの室外機の近くや玄関の外、植木鉢、ベランダ、などです。

 

このあたりは、ゴキブリが部屋の中に侵入してくる時の代表的な侵入経路です。

 

特に、エアコンの室外機はその中でも注意しておきたい場所です。

 

エアコンの室外機は家の外にあるため、ゴキブリはエアコンの室外機を登ってエアコンから部屋の中に侵入してきます。

 

だから、家の周りのゴキブリ対策をする場合は、エアコンの室外機の近くには必ずゴキブリ駆除剤を置くようにしてください。

 

使うゴキブリ駆除剤は、必ず効果の高い駆除剤を使用します。

 

効果の薄いゴキブリ駆除剤を家の周りに置いても、ゴキブリに対してあまり効果がありません。

 

ゴキブリ駆除剤は、駆除効果の高いゴキブリ駆除剤を置くようにすると、家の中にゴキブリが侵入してくる前に退治することができます。

 

⇒効果の高いゴキブリ駆除剤はこちら



 

 

ゴキブリ対策に柑橘系のアロマは効くのか?

ゴキブリ対策では、柑橘系のアロマを使ったゴキブリ対策をする方もいます。

 

柑橘系のアロマの香りはゴキブリが嫌がるので、忌避剤として使用する感じです。

 

ここで気をつけておきたいのは、あくまで「忌避剤」として使用するというところです。

 

忌避剤というのは、ゴキブリを退治するためのものではなく、ゴキブリを近寄らせないために使うものです。

 

つまり、忌避剤ではゴキブリを退治することはできません。

 

柑橘系のアロマは、ゴキブリを退治するのではなく、近づかせないための忌避剤として使用するので、ゴキブリを退治する効果はありません。

 

なので、柑橘系のアロマを使ってゴキブリが出なくなったとしても、家の中からゴキブリがいなくなった訳ではありません。

 

出てこないゴキブリは、家のどこかで潜伏をしています。

 

そして、潜伏しているゴキブリは、必ず繁殖をするので家の中のゴキブリの数が知らないところで増えてしまいます。

 

柑橘系のアロマを使ってゴキブリ対策をすると、そういうリスクがあると思っておくようにしてください。

 

結局、ゴキブリを退治するために一番効果があるのは、効果の高いゴキブリ駆除剤を使ってゴキブリを退治してしまうことです。

 

柑橘系のアロマでゴキブリ対策をするなら、効果の高いゴキブリ駆除剤を使って家の中のゴキブリを退治するようにしましょう。

 

⇒効果の高いゴキブリ駆除剤はこちら



 

 

効果のあるゴキブリ対策は意外に簡単です

ゴキブリ対策をするというと、何か難しいことをしないといけないと考えてしまう方が多いようです。

 

たしかに、ゴキブリというのは、なかなか家の中から退治することは難しい害虫ではあります。

 

でも、ゴキブリを駆除するための対策はそれほど難しいことはありません。

 

やることは、

 

・効果の高いゴキブリ駆除剤を使う

・ゴキブリが出そうな場所に置いていく

 

この2つだけです。

 

これをしっかりとやっていけば、普通の家庭であればゴキブリは出なくなっていきます。

 

ゴキブリ対策をしてもゴキブリがいなくならない、またはあまり効果がないと感じるときは、

 

・使っているゴキブリ駆除剤自体の効果が弱い

・置いているゴキブリ駆除剤の数が少ない

 

このどちらかになります。

 

ゴキブリ対策は、やること自体はとても簡単で誰でも出来てしまいます。

 

でも、使うゴキブリ駆除剤を間違えてしまったり、置く数が少なければ思ったような効果は期待ができません。

 

簡単なことを徹底してやることが、ゴキブリを家から追い出すための一番確実な方法です。

 

まずは、効果の高いゴキブリ駆除剤を手に入れるところから始めていきましょう。

 

⇒効果の高いゴキブリ駆除剤はこちら



 

 

換気扇のゴキブリ対策はどうするか?

換気扇というのは、ゴキブリが家の中へ入ってくる侵入経路になっています。

 

そのため、換気扇のゴキブリ対策をするのは、とても大切なことです。

 

でも、換気扇のゴキブリ対策はどうすればいいのか?

 

換気扇のゴキブリ対策は、家の中ではなく家の外にするようにしましょう。

 

換気扇は家の外につながっています。

 

家の外につながっている換気扇の下のところに、ゴキブリ駆除剤を置いておきましょう。

 

そうすることで、換気扇を通って家の中に入ってこようとするゴキブリを、家の外で退治することができます。

 

換気扇やエアコンなど家の外とつながっている物は、基本的にゴキブリや他の虫の侵入経路になっています。

 

家の外とつながっているところは、家の外にゴキブリ対策をすることで、ゴキブリの侵入を防ぐことができます。

 

換気扇からゴキブリが落ちてきたら、換気扇の中ではなく、換気扇の外の地上の部分に効果の高いゴキブリ駆除剤を置いて置くようにしましょう。

 

⇒効果の高いゴキブリ駆除剤はこちら



 

 

オフィスでのゴキブリ対策のやり方

オフィスでゴキブリが出てしまうと、ゴキブリを駆除することはなかなか大変です。

 

まず、オフィスというのはそれなりの広さがあるので、ゴキブリの活動範囲も家の中とは比べ物にならないほど広くなります。

 

そして一番の問題は、ゴキブリが隠れられるところがたくさんあるということです。

 

隠れるところが多いということは、なかなか人に見つかることがないため、退治することができません。

 

そうなると、人に見つからない間に繁殖してしまい、オフィスでのゴキブリの数はどんどん増えてしまいます。

 

それを防ぐためにはどうするのか?

 

やり方は単純で、駆除効果の高いゴキブリ駆除剤を置いておけば、それだけでオフィスのゴキブリを駆除できます。

 

ただ、この時に注意しておきたいことがあります。

 

それは、

 

1、駆除効果の高いゴキブリ駆除剤を使うこと

2、一度に多めの数を置くこと

 

この2つです。

 

まず、駆除効果の低いゴキブリ駆除剤をいくら置いたところで、オフィスのゴキブリを退治することはできません。

 

そして、いくら効果の高いゴキブリ駆除剤を使ったとしても、置く数が少なければ広いオフィスにいるゴキブリを駆除することはできません。

 

オフィスのゴキブリを駆除する場合は、効果の高いゴキブリ駆除剤を多めに置くゴキブリ対策を行うようにしましょう。

 

⇒効果の高いゴキブリ駆除剤はこちら



 

 

 

置くだけのゴキブリ対策が一番効果がある

ゴキブリ対策は、色々なことをやるよりも、

 

置くだけのゴキブリ駆除剤を置いておく

 

ことが一番効果があります。

 

置くだけのゴキブリ駆除剤というのは、基本的に毒餌系のゴキブリ駆除剤です。

 

そのため、その毒餌を食べたゴキブリは死んでしまうため、ゴキブリが繁殖する前にゴキブリを退治してしまうことが可能です。

 

他のゴキブリ対策というのは、もちろん効果が薄いものは別ですが、基本的には出てきたゴキブリをどうするか、というゴキブリ対策になります。

 

自分の前に出てくるゴキブリは、家の中にいるほんの一握りです。

 

だから、置くだけのゴキブリ駆除剤を使って、出てきていないゴキブリも退治してしまうことが大切です。

 

今は、置くだけのゴキブリ駆除剤も、色々なタイプのものが販売されています。

 

その中でも、やはり駆除効果の高いゴキブリ駆除剤を使用することが、家の中のゴキブリを退治する一案の近道です。

 

⇒効果の高いゴキブリ駆除剤はこちら



 

 

屋外のゴキブリ対策は重要です

ゴキブリ対策で重要なのは、何も部屋の中だけではありません。

 

実は、ゴキブリ対策では屋外の対策もとても重要になってきます。

 

それはなぜか?

 

ゴキブリは、最初は家の中で自然発生的に出てくるものではありません。

 

ゴキブリの最初の1匹目は、家の外、つまり屋外から家の中に侵入してきます。

 

そのゴキブリが家の中で繁殖をするので、家の中にゴキブリが住み着いてしまいます。

 

つまり、ゴキブリが出ない環境を作るためには、まずゴキブリを家の中に侵入させないように、屋外のゴキブリ対策が必須になります。

 

屋外のゴキブリ対策というのは、それほど難しいことをする必要はありません。

 

ポイントは、

 

・エアコンの室外機の近くや植木鉢などにゴキブリ駆除剤を置く

 

これだけで十分です。

 

ゴキブリが屋外から屋内に侵入してくる侵入経路の代表が、エアコンの室外機です。

 

だから、まずエアコンの室外機の近くにゴキブリ駆除剤を置いておきましょう。

 

植木鉢は、家の中にいるゴキブリが昼間休む場所、それが屋外に置いてある植木鉢です。

 

なので、エアコンの室外機の近くと植木鉢のあたりにゴキブリ駆除剤を置いておけば、屋外のゴキブリ対策としては十分だと思います。

 

あとは、どういうゴキブリ駆除剤を使うのか、というところが重要です。

 

効果の薄いゴキブリ駆除剤を置いても、あまりゴキブリを駆除できません。

 

屋外に置くのであれば、効果の高いゴキブリ駆除剤を使用するように注意しましょう。

 

⇒効果の高いゴキブリ駆除剤はこちら



 

 

ゴキブリ対策のおすすめの方法

ゴキブリ対策でおすすめの方法は、毒餌系のゴキブリ駆除剤を使ってゴキブリを駆除することです。

 

なんだかんだ言っても、この方法は一番確実にゴキブリを駆除することができます。

 

他にも、ハーブやアロマを使ったり、色々な方法がありますが、ゴキブリは生命力が強いのでその程度のことではとても家の中にゴキブリを退治することはできません。

 

だから、ゴキブリ対策のおすすめは、毒餌系の駆除剤を使うことです。

 

ホームセンターのゴキブリ対策グッズのコーナーに行っても毒餌系の駆除剤ばかり置いてあるのを見れば、それが一番おすすめの方法だというのは分かると思います。

 

あとは、どういうゴキブリ駆除剤を使うか、というところになってきます。

 

おすすめは、ネットショップでしか販売されていない、効果の高いゴキブリ駆除剤を使うことです。

 

これは、業務用に開発されているので、家庭で使用するとかなり効果が高いです。

 

ゴキブリの死骸を片付ける必要がないことも、おすすめのポイントです。

 

まだゴキブリ駆除剤をどれを使うか迷っている方は、一度使ってみる価値はあると思いますよ。

 

⇒効果の高いゴキブリ駆除剤はこちら



 

 

ゴキブリ対策にエタノールはNGです

ゴキブリ対策でエタノールを使う方もいますが、基本的には使わないほうがいいです。

 

エタノールをかけられたゴキブリは窒息をして死ぬこともあります。

 

ですが、やはりエタノールをかけてゴキブリを退治するというのは、しっかりかけないと退治できないのであまり現実的ではありません。

 

また、ワックスをかけてあるフローリングでは白くなることもあります。

 

それに、エタノールまみれになったゴキブリを処理するのは、他でもないあなたです。

 

さすがに、エタノールまみれになったゴキブリを処理したいかというと、なかなか厳しいと思います。

 

だから、ゴキブリ対策でエタノールを使うくらいなら、しっかりとした効果の高いゴキブリ駆除剤を使ってゴキブリ対策をするようにしましょう。

 

ゴキブリは、目の前に出てきたものだけでなく、目の前に現れてこない数の方が多いです。

 

だから、効果の高いゴキブリ駆除剤をゴキブリが出そうなキッチンやお風呂場においておくほうが、確実にゴキブリを駆除できます。

 

エタノールをゴキブリ駆除で使うことは危険もいっぱいなので、できるだけ効果の高いゴキブリ駆除剤を使ってゴキブリをしっかり安全に駆除するようにしましょう。

 

⇒効果の高いゴキブリ駆除剤はこちら



 

 

 

植木鉢のゴキブリ対策のやり方

植木鉢にゴキブリがいて驚いた経験がある方は少なくないと思います。

 

ゴキブリというのは、昼間の時間は植木鉢のようなところで身を潜めていることがよくあります。

 

だから、植木鉢に水をあげたりしたときに、ゴキブリが出てくることがあるのはそのためです。

 

せっかくご自分が手入れしている植木鉢が、ゴキブリの住処になってしまうのはあまり気持ちの良いものではありませんので、植木鉢もゴキブリ対策を行いましょう。

 

やることは単純で、植木鉢にもゴキブリ駆除剤を置いておきます。

 

そうすることで、植木鉢に休みにきたゴキブリをそこで退治することができます。

 

植木鉢が複数ある場合は、できればそれぞれの植木鉢にゴキブリ駆除剤を置いておきましょう。

 

そうすると、植木鉢周辺にいるゴキブリも、すべて退治してしまうことができます。

 

しかも、植木鉢にいるゴキブリというのは、夜になると家の中に侵入してくるゴキブリですから、しっかり退治しておきたいですね。

 

使うゴキブリ駆除剤も市販のものではなく、できれば業務用に作られた駆除効果の高いゴキブリ駆除剤を使っておくと確実にゴキブリを駆除することができます。

 

⇒効果の高いゴキブリ駆除剤はこちら