冬に向けてのゴキブリ対策は必須です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴキブリというと、気温が高くなる夏場のイメージが強いですが、最近では冬場でもゴキブリは出ます。

 

 

一昔前は、ゴキブリは越冬出来ないから、冬場になるとすべて寒さで死んでしまうと言われていました。

 

しかし、最近の住宅は密閉性も高く、冬場でも家の中の気温が高いままの状態を保てるようになっています。

 

また、家電製品からずっと熱が放出されているため、家電製品の近くにいれば寒さをしのげます。

 

そういった理由から、ゴキブリは冬場になっても死滅することはなく、家の中で暖かい季節と同様、何の問題もなく生活を続けています。

 

なので、いくら気温が下がって冬になってきたといっても、それでゴキブリがいなくなるわけではないので家の中のゴキブリ対策はかなりしっかりやる必要があります。

 

しかも、雪国ではゴキブリは雪のせいで、ゴキブリが家の外に出て行くことはまずありません。

 

ずっと家の中にとどまり、産卵・繁殖を繰り返してしまいます。

 

だから、冬場だからこそ、家の中のゴキブリ対策が大切になってきます。

 

冬場のゴキブリ対策も、他の時期のゴキブリ対策と基本は同じです。

 

業務用に開発された効果の高いゴキブリ駆除剤を、ゴキブリの出そうなところを中心に多めにおくこと。

 

これが、家の中の基本的なゴキブリ対策になります。

 

この時に、市販の効果の薄いゴキブリ駆除剤を使用していると、それほど効果がなく冬の間ずっとゴキブリを見ることにあってしまいます。

 

ゴキブリ対策で重要なことは、

 

・効果の高い強力なゴキブリ駆除剤を使う

・使うゴキブリ駆除剤の数は多めに

 

この2点です。

 

冬の間に家の中のゴキブリ対策をしっかりと行って、春先からはゴキブリのいない環境を作っておきたいですね。

 

⇒効果の高いゴキブリ駆除剤はこちら



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。